内容は男の潮吹き

わがままな子でいえ、いいんです。いつもは癒しを与えてくれる百合子の言葉も、夏美と何かあったの?このときばかりは効果がない。百合子に問いかけられると、芳彦は唇の端を歪めた。昨日、ちょっとひどいこと言っちゃつて。百合子さん、ごめんなさい。あら、私に謝ることなんかないわよ。肉棒の先端から涎れのように垂れ流しているどうせあの子が、また無茶なことを言ったんでしょ?苦渋の顔つきで黙り込んだ芳彦から、百合子はただの喧嘩ではないと気づいたようだ。と小さな溜め息をつくと、儚げな笑みを浮かべながら呟いた。あの子は…芳彦君のことが昔から好きだったのよ。え?えぇっ!まさか!フッ百合子の放った言葉は、芳彦に大きなショックを与えた。

肛門がさらに押し広げられた


下半身のほうに移動した佳穂里が


乳首を吸われたら

これまでの夏美の態度を振り返っても、とてもそんな感情を抱いていたとは思えない。あの子はああいう性格だから、わかりづらいとは思うけど、私はずっと前から気づいていたわ。だからといって気にしないでね。芳彦君の気持ちだって、大切なことなんだから。衝撃的な事実を告げられ、頭の片隅にしかなかった夏美の存在が急激に膨らんでくる。まさか、あの夏美が僕のことを好きだったなんて。

エッチなのかな

それなのに、どうしてあんなひどいことを言っちゃったんだろ。それじゃ、私は君江の所へ行ってるわね。いつの間にかアパートに到着し、百合子は涼やかな笑顔で門扉を開けていた。本当にお世話になっちゃつて。ありがとうございました。そんな他人行儀なこと。またいつでも遊びにいらっしゃい。


乳首をしゃぶる二人の乳房を揉み始めた予想外の

乳首は指でころころ転がしていく

軽く手を振り、を下げていた百合子は母屋へと歩いていく。その後ろ姿に向かって、芳彦は再度深々と頭その夜、芳彦は一人部屋の整理をしていた。窓ガラスとひび割れた壁はすっかりと修繕され、以前とまったく変わらない様子を取り戻しているそれでも芳彦の胸は、まるで鉛でも呑み込んだように重苦しかった。僕は…夏美のことが好きなのか?芳彦は何度も自問自答を繰り返していたが、夏美の気持ちを知ってしまった以上、喧嘩別れしたままの状態ではいけないという、漠然とした不安感に襲われてしまう。どうするのが一番いいんだろう。とにかくまずは一度会って…でも会ってくれるかなあ?


ペニスを抜き去り

あれこれと思案しながら散乱していた本を棚に戻していると、母屋のほうから君江の声が聞
こえてきた。あら、夏美ちゃん。わざわざご苦労様。芳彦は全身を硬直させ、耳に全神経を集中させた。叔母さん、これ。お母さんが届けてくれって。もともとどこも悪くはなかったのかもしれない。体調は良くなったのだろうか。ひょっとして、いや、百合子さんが気を利かせて、夏美に用事を言いつけたのかも。夏美は君江の家に上がり込んだのか、それ以上の会話は聞こえてこない。十分、二十分。