フェラチオを強要される

船を動かせないとここらへんじゃ生活できないんではあ…そんなもんか。抜けるような青空の下、ボートが一隻。すでに中津島を出て遠くになっている。の蒼に挟まれて、まるで世界に孤立しているかのような極上の天気空の青と海船の後ろにはこれから隠津島での生活に必要な物資が山と積まれている。しかし、凄い量だな、こんなに荷物がいるとは思わなかったな…予備を含めて1週間分の食料と水と日常品、それに燃料もある。まさにいたせりつくせり。向こうはコンビニもスーパーもないし、島についてアレがないじゃ死活問題ですから。
調教される現場を見るため

ペニスを見たそうだな…確かに助かるんだけど、今回の予算に収まるかなあ、この量。生活に必要な量のためしょうがないが、あとで研究室の教授に叱られるかもしれない。大丈夫ですよ先輩。島渡りの儀式のために島に上陸する名目になってるから、島の町内会から出させました!え都合悪いですか?いや、そんなことないよ。むしろ大助かり。お前が用意してくれるって言うから、こっちは準備してこなかったけど…でも、まさかここまでしてくれるとは思わなかったよ…。

 

下着をつけていたからだ

自発的に島との交渉役になってくれたり、必要な物資を手配してくれたり、明らかに手伝いの領域を超えている。なあ…どうしてここまでしてくれるんだ?単にバイト代だけが目当てじゃないだろ。しばしの沈黙。なにか口を開きがたい雰囲気だ。鉄爺から聞きました?私の友達の話。ああ、お前の友人行方不明になったんだってな。
オーガズム
孕みマンコ気持
尻を振るたび
生と巡って言うんだけど、私の友達だったんですよ。最ももうこの世にはいないみたいですけど…。
えーっと!その二人は島の中でも立場が微妙なんですよね。特に七生姉は島を復興させようって、色々がんばってたから…そのせいで年寄りから睨まれちゃつて。睨まれるって、なんで?ここじゃ、新しい事を始める人間は煙たがられるものなんです。

 

尻割れに鼻を突込み饐えた

それがどんなに利益をもたらすのだとしても、現状を変えるということは悪としかみなされません。おいおいそこまで言うことは…。先輩はこの島のことを何もわかっていません。この島は死にかけの病人なんです。七生姉たちはそれを立て直そうと思って必死にがんばってたのに、役所の連中や島の皆はそれを見捨てた。でも、それは島を捨てた私も同じなんです!
下半身は痛いほどにズボンの中で大きくなってい

ペニスへ直接響くような快感を生んでしまう

だから、ここで何もしなかったら私もあいつらと同じになっちやう!本当は行方不明の連絡があってから、今すぐにでも駆けつけたかった。でも、島に立ち入る許可はもらえなかったし…本当に大事なら、そんなこと無視してでも入るべきだったんだわあの二人は私の友達なんだから…だから、これは私の償いなんです。先輩が気にする必要はありません。そうか…、お前そういう理由で…。せめて、船の残骸とか、遺品とか見つかればいいんですけどだから、積極的にこの調査に関わってくれたのか…