肛門括約筋の抵抗を弱める筋弛緩剤と小児用とし

もっと泣けばいいのに。ほら、泣いてごらん!そう言われたような気がします年配の白人女性が、わたしの頬を思い切り叩きました。恨みでもあるかのように。でも、彼女は笑っているのです。涙目になっているわたしを楽しそうに眺めますまた一発ひっ。それに呼応するかのように、お尻にはなにか固いものが叩き込まれました。見ると、目の前の女の人も、うちわぐらいある黒い革の道具を持っています。
尻打ちの刑をすすんで受ける松戸は

チンチンが痛い

黒人たちが客に道具を配っているのです。手の平で叩く時間は終わったのです。ゾクゾクします。ビッチの亜由美を叩いてください。思い切りぶちのめしてください。足を引っ張られ、台の下にある幅広いベルトで足首をがっちりと縛られました。腕は下に向けて伸ばされて、革の枷でつながれました。

 

乳房を揉んでいる手に乳首が

うつ伏せでお尻を突きだしたかっこうです。ただ、誰かが乳房をつかんで、何かと言いました。黒人がやってきて、乳房の根元を細い縄で縛り、それを体から横にはみ出るように引っ張りました。縄は手首に縛り付けられました。みんなが覗き込みます。黒人の拷問者たちも怖いのですが、彼らは、ここのお客たちのように必ずしも楽しんでいるわけではありません。いわばプロとしてわたしを苦しめるあらゆる方法に長けているのです。
男根から離れてなお
挿入はスムーズだったが

お尻をつかんで腰を突き出す

必要ならさきほどのように、わたしを簡単に快楽の中に溺れさせることもできます。わたしは彼らが大嫌いなのに。日本であれだけの拷問実験をされたのに、恐れつつも尊敬をしています。彼らがわたしにしたことは、すべて正しいこと。だから、わたしはいまもこうして生きてい震えながら、肉体を潰される快楽です頭や心が拒絶しても、て、激しい快楽を求めているのです。体が反応して快楽だけを味わってしまう…。

フェラチオを受けながらじっくりと彼女の姿かた

そのどうしようもない彼らはある意味、わたしのことを隅から隅まで理解しています。すべての苦痛は、とんでもない快楽へ向かうための道だと知っているのです。だけど、いまは違います。彼らは後方に下がり、見知らぬ客たちの手にわたしを委ねたのですここにいる男女は、ネットの中のわたしを知っています。そしていたぶることが大好きなのです。わたしのことを深く知ろうという気持ちなどないのです。
オナニーの時に

お尻が焼けています下半身に


バチンバチンと、彼らはラケットをわたしのお尻に打ち下ろします。はぎつ、うげえっ!あまりにも痛いので叫びます。快楽への道筋はまるで見えません。背中にもぎぃぃぃぃ。笑いながらお酒を飲みながら鼻に指を入れられて顔を上げさせられると、そこに半立ちのペニスが待っています。喉の奥まで押し込まれます。必死に奉仕します。その間も、お尻や太もも、背中、肩、オッパイなどを大勢の人に殴られているのです。涙がポロポロと流れます。