尻を浮かすと

ペニスから口を離したあとも射精は止まらず、白濁がサリナの顔を汚していく。溜まっていたせいか、いつもの倍以上、射精とその快感が収まるのに時間がか力-アタシのオジサンんッ顔ドロドロだぁ…んふふッめちゃ気持ちよかったよ。オジサンもよかったでしょ…アタシの口と顔にこれだけ射精したんだからそうだよね。ああ、もちろんだ!ふふッ気持ちよかったけど…んんッ…まだまだこれからだよねオジサ精液まみれのままサリナがそう言ったので、私は頷いてた。溜まってるので一度の射精ではまだまだ満足できなかった。
ペニスが私も舌を使っての

乳首を尖らせながら

サリナの重みを感じながら、衰えない性欲をどう発散しようかと私は一考する。このままひたすら欲望をぶつけて楽しむというのも直情的で良いが、発情したサリナにこの身を委ねるというのもまた魅力的ださて、どちらがより楽しめるだろうか。甘やかな逡巡の末、私は自分が主導権を持つことを選んだ。サリナつーサリナっ!んふふっ…マジになってるオジサンもイイね。私が興奮してサリナの身体の上に乗ると、

 

女子高生入院患者はもじもじしながらうなずいた

はぁはぁ…サリナは嬉しそうに笑みを浮かべた。サリナっ!すぐに私は、いきり立ったペニスをサリナの膣に突き刺した。あんツうおおっ!うつ。んくううツーはああツーめちゃ感じるううツーただけなのにいああんツーすごいのぉツーくあッはぁはぁオジサンのがオマンコに当たって…ああツー!まだ挿入れ。ほとんど動いていないのに、早くも互いに強烈な刺激が身体を駆けめぐっていた。私はすぐに腰を振り始めるくうっはぁはぁ。
男根を通過し
股間を見おろして驚

膣穴の締まりはさらにキツいだろう

はぁんツーオジサンすぐにそんなはああツーめちゃ固くておっきくなってるのがわかるよ…んふツー。ああっ、気持ちいいよ。んツー·アタシもだよあふッオジサンのおチンポ久しぶりだからあソーたまらないよぉツーんああツーめちゃおチンポの先んくツオマンコの壁に擦りつけてるねはあんッ気持ちイイよオジサンんサリナの感じ方はかなりすごかった。やはり性欲が溜まりに溜まっているからだ
うおおつ、サリナっ!ああツーいつもより乱暴な感じで…あふッめちゃ感じるよんんツでもそんなにごりごりおチンポ擦りつけてたら…んくツすぐ出ちやうかもよ最初からすごい勢いだよ。オジサンあんツーいつ射精そうが関係ないって感じああツ!

子宮の壁を直撃する

アタシそういうのも好きだよ…ケモノ入ってる感私の欲望丸出しのやり方も、サリナからは好評を得ていた。それぐらい過激なセックスを求めているのだった。私はどんどん腰の動きを激しくしていく。久し振りだからな…はぁ。あふッてよねああんツ!何回でも射精してねくあッ好きなところにぶつかけてぇッ!うつ、くつ、サリナっ!たっぷり味わって…ん? った濃いの思い切りぶちまけ像しちゃったよ、…んふッはぁ。
お尻を突き出して誘いかけてきた

セックスの快楽を知りつくしている


オジサンにザーメンかけまくられるところ…はあサリナの妄想に煽られてペニスが膣内で跳ね上がる。腰を突き出して強くペニスを膣壁に擦りつけてしまう。貪るようなやり方にサリナは欲情していた。私は存分に若くて魅力的な身体を味わうことにする。興奮しすぎていて、いきなり絶頂がきてもおかしくない状態だった。て腰は勝手に動いている感じだ。